top of page

マンゴー

オーストラリアは日本と季節が逆になるので10月から2月がマンゴーのシーズンになります。

日本だと高くて高級果物のイメージがあるこのマンゴー、なんとオーストラリアではシーズンになると$1~$3くらいで手に入ることができマーケットにいくと山積みになっています。

ここケアンズは熱帯気候なのでマンゴーの木が沢山あります。街の中心部を歩いていても

マンゴーが沢山ぶら下がっているのを目にしますし、実際私の家の両隣もマンゴ―の木が

庭先にあり、夏はよくおすそ分けをいただくので実はマンゴーを買うことはほとんどありません。

ケアンズ近郊ですとマリーバという地区がマンゴーの産地です。

マンゴーにはいくつか種類があるのですが、日本への輸出が認められているのは、ケンジントンプライド種、ケント種、キーツ種、パルマ―種、R2E2種の5品種と決められていす。

その中でもマリーバで育ったケンジントンプライド種はピーチマンゴーとよばれ世界最高品種といわれています。

マンゴー好きな方ぜひ夏のケアンズに遊びに来て毎日マンゴー漬けになってください。






最新記事

すべて表示

バナナ

Comments


bottom of page