オーストラリア有袋類

オーストラリア大陸に分布する哺乳類の83%、爬虫類の89%、魚類の90%、昆虫類の90%、両生類の93%は固有種です。 オーストラリアではオーストラリアならではの動植物を守るために様々な取り組みもなされています。 有袋類とは?

お腹に子育てのための袋がある動物を有袋類といいます。

胎盤がなく子宮内で胎児を育てることができないため、未熟な状態でうまれた子供をお腹の袋の中で育てます。

一般的に有袋類といえばオーストラリアに多くの種類が生息してますが、他にもニューギニアや北、南アメリカ大陸にも生息してます。オーストラリアは天敵になる他の大型哺乳類がいな

かったため、ほかの地域ではみられない多様な有袋類が生息してます。

草食動物のイメージがありますが、肉食の有袋類もいます。

代表的なオーストラリアの有袋類 11 1.コアラ-Koala 2.カンガルー-Kangaroo 3.ワラビー-Wallaby 4.ウォンバット-Wombat 5.ポッサム-Possum 6.タスマニアンデビル-Tasmanian Devil 7.ハリモグラ-Echidna 8.ディンゴ-Dingo 9.クォッカ-Quokka 10.カモノハシ-Platypus 11.クォール-The spotted quoll



Contact

DOA Australia PTY LTD
SYDNEY HEAD OFFICE

​​・Melbourne Office

Perth Office

Cairns Office

株式会社 DOA JAPAN 
・TOKYO  HEAD OFFICE

​​・Osaka Office

Japan Panoramic tours
 http://www.jptours.co.jp

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
TOURS
ABOUT
COVID-19

© 1995 by DOA AUSTRALIA PTY LTD ALL LIGHTS RESERVED