top of page

コアラ/Koala

更新日:2023年1月22日

コアラ/Koala コアラってどんな動物?

オーストラリアの人気動物といえばだれもが一番に頭に思い描くのではないでしょうか?

特徴

大人のコアラの体重は約5キロ~15キロ、身長は約70㎝~80㎝。体毛は濃く、ウールのような感触。木の上でのんびりしてるイメージですが、時速30kmくらいの速さで走ることができます。

食糧

オーストラリアには500種を超えるユーカリ樹があるりますが、コアラはその中の13種ぐらいのユーカリ樹の葉を主な食糧にしています。ユーカリには毒素がありこの毒素を分解し消化吸収することができるのがコアラだけです。「コアラ」という名は、オーストラリア先住民の「水がない」という意味の言葉から由来していて、水を飲むことは、ほとんどありません。必要な水分は常食にしているユーカリの葉から摂取しています。 子供のコアラはユーカリの葉のほか、母親が排泄する乳状の「パップ」も食べます。これは、母親の排泄した「パップ」を子供の体内に入れてユーカリを消化していくうえで必要な盲腸内の微生物を内々に作るためと言われている。


分布

化石を調べると、ずっと以前にはもっと広い範囲に分布していたようですが今ではオーストラリアの20%ほどになっています。

From @Australian Koala Fundation


習性

地面に降りて来るのは、別の木に移る時だけで、地面では四本の足でゆっくり、不器用に歩いていきます。木登りは鋭い爪で木肌をしっかり掴みながら登りコアラの抱っこ写真を解く際はこの爪がぐっと腕に食い込んできてちょっと痛い思いをすることもあります。 一日20時間寝て過ごしほとんど一生、木の上で過ごします。 コアラが食べるユーカリには毒素がありこの毒素を分解し消化吸収するこのエネルギーを使うからとも、ただユーカリに栄養が少なくエネルギーがとぼしいのでエネルギーを節約するため寝てる、動きが遅いともいわれています。

コアラは1年に1回。一生に約9回出産します。赤ちゃんは1gくらいで産まれてきてお母さんのおなかのポケットで育ちます。6か月後くらいに外に出てきて18カ月で独立します。

平均寿命は12年。オスの方が短命です。

コアラの赤ちゃんはジョーイ(Joey)が見ることができるのはお母さんの袋の中から出れ来れるようになったときです。



このようなコアラ、日本の動物園でもガラス越し遠目で見ることはできますが、オーストラリアではかなり身近に見ることができます。 

ぜひ会いに来てください。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page